読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書感想】聖母 秋吉理香子

聖母

東京都藍出市で、幼稚園児の遺体が発見された。被害者は死後に性的暴行を加えられていた。
事件のニュースを見た主婦・保奈美は、大切なひとり娘は無事だろうか、と不安に陥る。
警察は懸命に捜査を続けるが、犯人は一向に捕まらない。
娘を守るため、母がとった行動とは。 

どんな話か知らないまま読み始めたので、不妊症治療の話?子育ての話?

金原ひとみマザーズ (新潮文庫)みたいな話かと思った。

う~ん…ここまで、不妊の話かく必要あるか?と、正直思ったけど

ぁあ、これだけのことがあったから この"狂気"か!と納得した!かく必要あるわ。

人々の繋がり方も面白いし、刑事二人もよかったな。

この刑事たちで別の物語とかないのかなー?っ、てそういう作者さんではないか。

そして、叙述トリックに気が付かなかったw読書慣れしてる人は気が付くらしいw

あ~…今度から集中しよう!w

かなり面白い!好きだ!と思った本だけど、殺害方法がリアルでけっこう怖いので

あまりおすすめではない…。読後感が悪い小説に分類されると思う。

 

ここからネタバレ🐻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

う~ん…真琴が女だったなんてー。

作者がしっかりとかいた、物語中盤(の後半?)まで全く気が付かなかった。

男女、どちらもありえる名前と剣道部という部活と背が高くてショートカットというところ(髪型のことはかいてあったっけ)男っぽい言葉遣いと…

あと、科学の授業への取り組み方とか理系が得意…という点と女子高生に告白されるというシーン…。完全に騙された。

不妊症治療のお母さんが真琴のお母さんで!薫のお母さんが真琴!っていうのも

なかなか面白いと思った。

しかし、強引な母に押されたとはいえ 望んでない子供を産んだりなんかするのだろうか…。

ラストも…不気味だったな。

逮捕されたのか、されてないのか…わからない感じで終わるという。

こういう終わり方好きだけど!

防具袋?がたぶん、証拠?か何かになるとは思うんだけど

真琴にしては迂闊というか…あんな商店街だなんて、すぐバレてしまいそうなのにね。

おわり。